« 2011年4月24日 - 2011年4月30日 | トップページ | 2011年6月19日 - 2011年6月25日 »

2011年6月12日 - 2011年6月18日

ニョニュム(NyoNyum)オンライン版 発売開始!

 カンボジア情報満載の「ニョニュム」が、ついに、オンライン書店「Fujisan.co.jp」で発売開始です。言っておきますが、100%オリジナル情報。えっらい苦労して作ってマス。ビジネス情報もばっちり。なのに一部たった400円。一部ずつ買えますので、中身を見て気に入った号だけ買うこともできます。偶数月の15日に新しい号が出ますので定期的にチェックしてくださいね。さあ、クリック!http://www.fujisan.co.jp/magazine/1281691971
 なお、「わたしはニョニュムが大好き」という方はぜひ、定期購読をどうぞ。

www.fujisan.co.jp
NyoNyum(ニョニュム)<デジタル>の紹介: 『ニョニュム』は2003年に創刊した、隔月発行の日本語情報誌。現地の邦字誌では最も歴史があり、唯一英語訳や一部クメール語訳も併記されています。 毎号特集に加え、経済、社会、文化からグルメやファッション、観光まで、他メディアにはない現地発の情報が満載。多彩な切り口で生き生きとしたカンボジアの今を伝えています。 - デジタル雑誌なら、カンボジアの旬な情報が簡単に手に入ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「不明者8000人」にひとこと

朝日新聞で数日前から連載「不明者8000人」が掲載されました。

このタイトルについて、ちょっと思うことを記しておきます。

問題は、数字です。報道は、よく「丸めた」数字を使います。私も、報道関係の記事を書くときに、使ってしまいます。でも、端数を丸めた数字は、胸が痛みます。

「約8000人」とすることで、消えてしまう1や2や3があるのではないか。私などが言うまでもなく、現場の記者たちはそのことを痛感していると思います。

災害や事件の大きさが、死者数という「ボリューム」で語られるのが報道の常です。特に、海外報道ではその傾向が強い。海外では、日本ほど死傷者数の把握が確実ではないこともあり、丸めた数字しか報道できない、という事情もあります。

新聞記者をしていると、1年坊主のころから、この「ボリューム」報道になれてしまいます。典型的なのが警察の事故報道。今は少なくなったと思いますが、「交通事故死亡者100人を超える」みたいな記事がよく出ていました。私も、「何人死亡」という記事を、機械的に書いていました。昨年とくらべて増えた、減った、という分析(したつもりの)記事を書いたり。でも、当たり前のことですが、昨年の死者と今年の死者は別人です。悲しみも別ものです。

1997年、沖縄タイムスに出向していたとき、私は友人を交通事故で失いました。そのとき初めて、「一人死亡」の重さを知りました。そして、その事故で大けがをした友人を見て、今まで何気なく書いてきた「重傷」という言葉の重さも知りました。「一人死亡、一人重傷」という記事の本当の姿は、こういうことなのだ、と知りました。

見出しにある丸めた数字を見るたびに、私はその一つひとつを思い浮かべようとします。想像力を駆使して、「そのなかの一人」を思い浮かべようとします。そうして初めて、積み重なった数字の重さを知るのです。

私たち記者が現場へ行く意味は、「そのなかの一人」を読者が想像できるような声を、ストーリーを伝えるためではないでしょうか。

新聞の連載のタイトルに、日々変動する数字を使うことは不可能だったとは思います。けれど、私ならば、日々変わる数字をそのままタイトルとします。紙面をつくったときの最新の数字にして「不明者8069人」「不明者7983人」など・・・。「一人」の思いに近づくために。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「東北学」に書いてます

 現在発売中の「季刊・東北学」第27号(柏書房)に、連載エッセイ「アジアの風のなかで」を書いています。

 今号は、「遡上する魂」。1970年代、日本に留学中に母国がポルポト政権となり、そのまま20年間、帰国がかなわなかったカンボジア人の物語です。

 異郷の逆流を泳ぎぬき、今、カンボジア政府の経済顧問として「コメ政策」の中枢にあるメイ・カリヤン・メイさんをご紹介しています。

http://www.kashiwashobo.co.jp/new_web/find/tohoku.html

 今編集中の「東北学」28号は、東日本大震災の特集だそうです。こちらは8月はじめに発売予定です。私のエッセイでも、カンボジアから見た大震災を書いています。

 ということで、本日よりまたまじめにブログ再開します。

 最近は、写真をアップできるフェイスブックにいってました。すみません。フェイスブックご利用のかたはどうぞアクセスを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月24日 - 2011年4月30日 | トップページ | 2011年6月19日 - 2011年6月25日 »