« 365日 | トップページ | お墓の話 »

「寄り道」が楽しい。

 久しぶりの更新です。

 ニョニュム50号が、出来上がりました。スタッフのみんなががんばって配布してくれていますので、お手元に届いているかと思います。日本でご購読のみなさまにも、もうじき届きますので、ごらんください。

 50号のニョニュム、いろいろと新しいページができています。新企画については、順次ご紹介するとして、今回のイチ押し情報は、シェムリァップのデートコースです!

 一押しというか、私が個人的に非常に気に入ったというだけなので、「そんなことはとっくに知ってる」というい方も多いかもしれませんが。

 シェムリアップのデートコースとしてご紹介しているのは、オールドマーケット周辺にある「アート路地」です。地元在住の友人が紹介してくれたのですが、わけのわからない(失礼!)現代アートから、「なんでここにあるの?」というキッチュなポップアート、「カンボジアなのに1930年代上海」がコンセプトというバーなどなど。とにかく、歩いていて楽しい。

 この楽しさの理由を考えてみたのですが、

 要は、「寄り道」の楽しさですね。

 楽しい、と思ったものは、ここにある必然性がないものばかり。別に、存在するのがカンボジアじゃなくたって、かまわない。・・・でも、何かの縁でここに集まってきた個性が道行く人に「こんにちは」と、声をかけてくる。

 予想しなかったものが飛び出す、期待していなかったものに目を奪われる。その意外性が、アート路地散歩の楽しさかもしれません。

 逆にいえば、カンボジアという国に住んでいる私自身が、あまりにも「カンボジアはこうあるべきだ」と、決めつけすぎていたのかもしれません。カンボジアにだって、余分なもの、余計なもの、あっても生活に役立たないもの(またまた失礼)が、あったっていいじゃない? 

 「らしく」なきゃ、いけないなんて、窮屈だよね。寄り道が教えてくれること、です。 

 

|

« 365日 | トップページ | お墓の話 »

コメント

かれこれ8年、カンボジアで暮らしているけれど、言葉がさっぱり・・・、老いぼれなりに諦めていますが、情報不足に違いありません。だから、ニョニュムはたいへん貴重です。

投稿: junchan | 2010年12月23日 (木) 12時30分

はじめまして!
ふと流れ着いたシェムリアップ在住者です。

寄り道!
この記事を読んでなんだか心が晴れました。

私は大学を休学してシェムリに住んでいるのですが、帰ることを前提にしているせいか(もちろん帰りますが)
何をするにも「わざわざカンボジアに来てこれをやる必要があるのか」とつい思ってしまっていました。

ちょっと拡大しすぎかもしれませんが、
カンボジアにいるからって「らしい」ことをする必要もないんですよね。
もちろん「らしい、ならでは」の部分に目を向けることも必要だと思いますが。

ただ、そこに縛られる必要はないと思うことができ、すっきりしました!
ありがとうございます。

投稿: kyo | 2011年1月 4日 (火) 11時47分

junchanさん、ありがとうございます。等身大のカンボジアを伝えられればなあ、といつも思っています。

kyoさん、ありがとうございます。まさに、私が感じたのと同じことを考えていただいて、うれしいです。今やっていることの意味なんて、いちいち確認しないほうがいいですよ。こぢんまりしちゃうよ。あなたなりの、カンボジアとの付き合い方を探してください。たのしみね。

投稿: Aya | 2011年1月 5日 (水) 19時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217160/38167749

この記事へのトラックバック一覧です: 「寄り道」が楽しい。:

« 365日 | トップページ | お墓の話 »